2017年9月25日月曜日

Konica BiG mini

シャッターを押すだけの自動の簡単操作のコンパクトカメラ
後は露出補正が+−1.5の範囲でできる。
レンズは大口径35mmf2.8で写りはきれいです。
KONICAはこのカメラを最後にフィルムカメラから撤退しました。

HIROMIXが使っているということで一時人気がありました。

2017年9月18日月曜日

Kodak M577フィルム効果の比較

                             Kodachrome


                                                      Ektachrome

kodakのポジフィルムの色再現の比較です。
1枚目のKodachromeは渋い落ち着いた色
2枚目のEKtacromeは派手な発色
それぞれフィルムの特徴をよく再現していると思います。

Ektachromeが新たに発売されるというニュースがありました。
日本での発売は未定とのこと。
またEktachromeが使えるかもしれないという
うれしいニュースです。






2017年9月13日水曜日

Kodak M577

久しぶりにデジタルカメラを購入しました。
コダックのM577というコンパクトデジタルカメラです。
このカメラの特徴は、
フィルムメーカーが作ったカメラなのでフィルムのような
色を再現できることです。
フィルム効果は6種類
1.Kodachrome  (ポジ)  
2.Ektachrome   (ポジ)
3.kodacolor   (ネガ)
4.T-MAX    (モノクローム)
5.TriX      (モノクローム)
6.セピア

富士フイルムのデジタルカメラはフィルムシュミレーションという。
1.PROVIA/スタンダード       (ポジ)
2.Velvia/ビビット          (ポジ)
3.ASTIA/ソフト            (ポジ)
4.ACROS(+Ye/R/Gフィルター)    (モノクローム)
5.クラッシッククローム        (モノクローム)
6.Pro Neg.Hi            (ネガ)
7.Pro Neg.Std             (ネガ)
8.モノクロ(+Ye/R/Gフィルター)   (モノクローム)
9.セピア

2017年9月6日水曜日

東独テッサー50mmf2.8

 第二次世界大戦後イエナに半官半民の「人民公社(国営企業)
カール・ツァイス・イエナ」が設立され、
イエナのカール・ツァイスは東ドイツの誇る光学機器メーカー
として存続した。

 東西ドイツテッサーはともにM42マウント(スクリューマウント)
なので、 CONTAX S2bにつけるとしぼりを絞ったときにファインダー
が暗くなって見えないという欠点がある。
絞り開放でピントをあわせてから絞りをあわせるという二重手間
がかかる。

これも手続きと思えば楽しい作業です。(笑)  

2017年8月31日木曜日

西独テッサー50mmf2.8

 第二次世界大戦後ドイツは東西に別れました。
 東独イエナにあったカールツァイスは光学ガラスメーカーのショット社とともに
 ロシア占領下の会社になりました。
 しかし一部のカールツァイスとショット社のエンジニアが西独に逃げて、
カールツァイスを設立しましたが、長い間東独のカールツァイスと法廷闘争が
あり和解してオーバーコッヘンでカールツァイスとしてテッサーを生産しました。


東独のテッサーは改めて紹介します。

2017年8月22日火曜日

温湿度計

温度と湿度だけのシンプルなもの。
最近は多機能なものが多いが、
使う用途が限られていて無用なものが多い。
それに機能が多いとそれだけ複雑になり故障の原因となる。
デザインも機能もシンプルなものに限る。

Simple is bestですね。☺️

2017年8月15日火曜日

CONTAX T3ケース&ストラップ

CONTAX T3用にケース&ストラップを作った。
汎用のストラップだと900mmで少し短いが、
これは1200mmでちょうどいい。
コンパクトカメラながらフードを付けてケースに入れると、
スタイリッシュでいい感じ。♪