2017年9月13日水曜日

Kodak M577

久しぶりにデジタルカメラを購入しました。
コダックのM577というコンパクトデジタルカメラです。
このカメラの特徴は、
フィルムメーカーが作ったカメラなのでフィルムのような
色を再現できることです。
フィルム効果は6種類
1.Kodachrome  (ポジ)  
2.Ektachrome   (ポジ)
3.kodacolor   (ネガ)
4.T-MAX    (モノクローム)
5.TriX      (モノクローム)
6.セピア

富士フイルムのデジタルカメラはフィルムシュミレーションという。
1.PROVIA/スタンダード       (ポジ)
2.Velvia/ビビット          (ポジ)
3.ASTIA/ソフト            (ポジ)
4.ACROS(+Ye/R/Gフィルター)    (モノクローム)
5.クラッシッククローム        (モノクローム)
6.Pro Neg.Hi            (ネガ)
7.Pro Neg.Std             (ネガ)
8.モノクロ(+Ye/R/Gフィルター)   (モノクローム)
9.セピア

2 件のコメント:

るーちゃん さんのコメント...

コダクローム・・・・懐かしいナァー〜〜〜〜!
友人がこのフィルムが好きで・・・A S A 25 で撮影した映像を
スライド映写機でスクリーンに投影してみせられました!
確かに和に柿の写真でしたがとても強烈な印象だったのを覚えています。

TRY-X もおみ出します・・・・・。

このコンデジ幾らなんですか??

yuta さんのコメント...

るーちゃん こんにちは
コダクロームもエクタクロームもなくなりました。
いいフィルムだったのにね〜。
コダクロームはISO25、64という低感度のフィルムでしたね。
それだけに撮影は難しかったです。

amazonで18,283円でした。
最新のデジカメより安いです。
ただ海外からの取り寄せなので
注文してから届くまでに時間がかかります。
たしか3週間くらいでした。